初めての方必見!基本のシュークリームの作り方・注意点・ポイントをご紹介

基本のシュークリームの作り方・注意点・ポイントをご紹介します。

特に今回は、初めての方がこのレシピ(動画)を見るだけで流れが分かり、そして作れるよう、シンプルかつ上手に作れるポイントをしっかり押さえました。

「膨らまない・しぼむ」といった悩みに対する注意点などもまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

基本のシュークリーム

1 材料(小12~16個)

★生地
☆水 100ml
☆無塩バター(無塩マーガリン) 60g
☆グラニュー糖 小さじ1

薄力粉 70g
卵 3個(2~3個で調整)

★クリーム(簡単にできるマーマレードクリーム)
生クリーム 200ml
グラニュー糖 小さじ4程度
マーマレードジャム 大さじ2

※ その他オーブンの予熱・絞り器・泡だて器・霧吹き・ふるい・オーブンシートの準備等をお願いします!

※ バターは有塩ではなく、無塩バターを必ず使用しましょう(無塩マーガリンはOKです!)

2 作り方・ポイント・注意点

※ 作り方・ポイント・また作っている途中の状態などを流れでご紹介しているため、文字で見るよりも圧倒的に分かりやすい内容になっています。

3 作り方まとめ

① 卵はよく溶き常温にして、薄力粉はふるいにかける。

② 片手鍋に☆を入れ、中火にかける。無塩バターが溶けたら強火にし、モコモコと沸騰したらふるった薄力粉を加える。その後火から離し、生地がまとまるまで木ヘラで混ぜる。

③ 生地がまとまったら、1~2分ほど混ぜながら再度弱火にかける。鍋の底に薄い膜ができたら火を止め、ボウルに移す。

④ ③に卵を4~5回に分けて加えよく混ぜる。その際、卵を全て入れず、目安としては「粘りが出て、3秒でヘラから生地が落ち、ヘラに逆三角形ができる」くらいまで加える。

~オーブンの予熱~

⑤ 絞り器に④を入れ、幅3㎝、高さ2.5~3㎝くらいの「少し小さめ・高め」に生地を絞る。先端のとがった部分を濡らした手で整え、霧吹きをする。

⑥ 200℃(高温)のオーブンで14分焼いて生地を膨らませ、その後取り出さずに焦げにくい温度の180℃まで下げて10~15分焼く。焼いたあとはすぐに取り出さず10分置き、ゆっくりと温度が下がってから取り出し、粗熱を取る。

基本のシュークリームの作り方

4 ポイントまとめ

① 強火でしっかりと「沸騰させた」鍋に薄力粉を入れ、その後火から上げて混ぜる

→ 粘りのある生地を作り、しっかりと膨らむようになります

② 卵を常温少しずつ加える

→ 温度差によるダマ・生地がまとまらない点を防ぎます

③ 焼く際は、200℃(高温)のオーブンで14分焼き、その後焦げにくい温度の180℃まで下げて10~15分焼く。そして焼いた後は余熱でゆっくりと温度を下げる。

→ 焼いて膨らませた後に固めて、生地のしぼみを防ぎます。

基本のシュークリーム 作り方まとめ

今回は、基本のシュークリームをご紹介しました。

シュークリームは「すごく難しそう・・・」と思いがちな料理のひとつで、文章にすると(文字が多くなってしまうため)少し難しそうですが、ポイントを押さえることで思ったよりもシンプルに作ることのできるレシピです。

特に動画で見て「意外とできるのでは!?」と感じて頂ければ幸いですので、ぜひ参考にして頂けたら幸いです。

【合わせてどうぞ】
意外と簡単!?基本のカスタードクリームの作り方・コツ・ポイントをご紹介

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪